目的と理念

知的クラスター創成事業の成果を地域に

 平成14年度から5カ年にわたって展開された文部科学省知的クラスター創成事業「札幌ITカロッツェリア」は、イタリアの自動車車体工房=カロッツェリアを例に、ITとデザインが融合した「ITものづくり」のプラットフォームを確立すべく、北海道の大学・研究機関・企業・行政組織が参加し、多くの研究成果を生み出しました。

 NPO法人札幌ITフロントは、その知的クラスター創成事業の成果を地域に根付かせるとともに、この事業が培った産官学連携体制の継承と一層の発展を目指して設立されました。
 本法人は、札幌地域のIT産業の発展に資するとともに、地域の産業がITを活用することにより、地域内外、さらには海外との経済活動を通じて、地域経済の活性化に寄与してまいります。

知的クラスター創成事業の成果を地域に